fc2ブログ

スズメ


人気ブログランキング

鳥屋野潟YouTube 新作です
英語でガイドを目指して第六弾!

英語で生き物観察に挑戦!!目指せ英語でガイドウォークの道

土砂降りの中、日本語も英語もよくわからんという
昆虫の分野の話で盛り上がりました!(あははは)
昆虫研究者ASANO氏の伝えようとする熱意が素晴らしい。
言語ちゅうのは母国語や外国語関係なく、
”伝えたい”という気持ちが大切ですな。
愛は言葉の壁をぶちこわします。
こうして動画でみてみると、
これ、もっとこう言えるのでは?とか
あれこれと考えさせてくれる
とってもいい教材になっていると思います!
ただ、KーKO氏がカメラの横で呟いてくれているのが、
実は雨音もあって、収録中全然聞こえてません!
動画になるとバッチリ聞こえてくるので、
どんだけフォローしてくれているのかと気づきます。
K-KO氏、ありがとうございます。

今日もまあ、曇りの予報ではあるが
レーダーを見る限り、いつものマダラ状態なので
当たった場所では何らかの水分が落ちてくると思われる。
そう、ガタウェザー
基本暗くて、ところにもよるが一時晴か雨か雪か霙か雹

昨日、午前中は素晴らしい青空
あったかかかった、、
いや、あったかいどころか暑かった。
なんなん、きもちわるい南風
そらまあ、北帰もするわな。
午後は曇って、雨降ったり病んだり
暗くなってから、ごっつい土砂降りになったり
ピッと止んだり、
突然なんかパチパチと氷粒が降ってきたり、
えっぐい煩かったです。


前作の第五弾はこちら
英語で公園散策②!いつか英語で公園ガイドを目指して修行中
公園のレンジャーたちの業務を英語で働いてみます!
英語で鳥ゲームとかも作成中です。
コロナが終わったら、是非みんなで遊びましょう!!
面白かったら高評価&チャンネル登録お願いします。


IMG_8554_20150522113901ab6.jpg
House Sparrow
いやはや、面白い鳥ですな。

去年のコロナ2年目に、
コロナ初年度の人間の行動変化による、
野鳥の行動変化の論文がすぐにパブリッシュされて、
興味深く読みましたが、
やっぱりスズメやツバメなどの人間をうまく利用してきた種に
かなりの影響があったようです。

スズメというのは
実は人間を知る一つのガイドになりうる鳥種ですな。

IMG_9314.jpeg

三上修『スズメ』
つかず・はなれず・二千年
面白かった。ちょっとヴォリュームが少ないので、物足りなさは否めないが、小学生にも親しまれる内容だと思う。たくさんの子供に読んでほしい。鳥類学的なスズメの生態、歴史学スズメ、民俗学スズメ、文学スズメ、農学スズメ、スズメ減少現象、スズメとの未来。実はスズメもシジュウカラのように、留鳥として同じ場所で一生を生きるグループと、渡るグループがあるのだが、1924〜1943年に新潟県で行われた標識調査の結果、遠くまで移動しているの個体の多くは幼鳥であると言われている。若い頃にエクスプロールして、たどり着いた先で定着していくのは、人間を含め、生きものでよく見られる共通の行動ではある、これもまた遺伝子の拡散を狙う生き物としての戦略の一つなんだろう。少し昔の民間のスズメ猟や、スズメエピソードなど面白い話もたくさん紹介されていてとても興味深い。
 スズメ愛に溢れる、バラエティに富んだ内容で、おすすめ。



鳥くいず:イエスズメ
応援ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキング
スポンサーサイト



SHARE

コメント 4

There are no comments yet.
ロンゲのオヤジ
2022/01/27 (Thu) 08:26

ポチっとな~!!
毎回楽しみにしています

jube
jube
2022/01/27 (Thu) 16:33

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ありがとうございます(感涙)
二人にも伝えますね!!

リク
2022/01/27 (Thu) 19:35

昆虫の中で、カブトムシ種が一番多いって初めて知りました!
そうなんだ~。
そう!伝えようとする熱意、大事ですよね。
モジモジしてたらもったいない~。とりあえずしゃべってみる、これ一番ですよね。

今朝、お散歩中に気付いたのですが
学校の木にスズメさんがわんさかいらっしゃってびっくりしました。
これまで学校にたむろってたことないのに。
集合場所を変えたのかしら?
それとも、若い子たちがやってきて、学校を定住地に定めたとか?

jube
jube
2022/01/28 (Fri) 08:31

リクさん

コメントありがとうございます
そうなんですって、甲虫が一番多いらしいです。
多いというのはよく見聞きしていましたが、
実際に虫探しに同行すると、
言われてみれば、これも甲虫、あれも甲虫って感じです。
伝えようとする熱量、めちゃ大切です。
もちろん、受け取る方も相応の姿勢が必要というか、
どこで、だれに伝えるかっていうのが肝要になってきますが(あはは)
なんせ、とりあえずしゃべるってめちゃ大切ですよね!

スズメ、屯場所も随時変わっていきますよね
コロナのせいで、学校施設での野鳥の観察例が増えていますし、
なんなら営巣例も増えています。
おもしろいものですよね、
そちらの学校のスズメはどうなのか、
近隣のねぐら事情や、渡り事情もからむので、
真相はわかりませんが、
とっても面白い鳥の世界です。

鳥/自然/科学