fc2ブログ

ドードーをめぐる堂々めぐり


人気ブログランキング

今朝は寒くないです(早朝いまのところ)
しかし、予報は雨時々雪(チュゥオーク局所予報
してからに、雪は来週木曜まで続くらしい
うっざ

昨日もえらいこと雪ふってました。
ただ、降ったり止んだりで
風が強かったので、たまに雲が吹き飛ばされて
青空が見える瞬間が訪れます。
なので、
朝から、もしかして除雪されてるかもとおもって
サバーブに鳥見にいってみたが、
やっぱり雪で道がなくなっているままだったので、
かなり遠いところからのカウントだけしました。
あとは、
Deer夫妻と
観光な鳥見をエンジョイしてきました。
とても楽しかった。
人がめちゃおらんかった(そりゃそうだが)
足の所為で、集中力がいまいちじゃった。
たまに、脳天にクーーーンと刺さるんよね〜
帰宅後、長靴脱ぐのが大変(あははは)
ギチギチになっとったわ。
めっちゃテーピングしてたのに、
えらいもんやねぇ。



IMG_2959_20180823201948cf4.jpg
ドードー Dodo

近縁のミノバトの写真、
ここで使いたかったんだが、
どこに入れたか出てこぉへん!!
ので、諦めて骨格標本





川端裕人『ドードーをめぐる堂々めぐり』
正保四年に消えた絶滅鳥を追って
面白かった!!ビジュアル資料もたっぷりで、大満足のノンフィクション、よくばり科学日本史世界史ミステリという感じでしょうか、上質です、とっても上質(2度言う)。表紙が魅力的ですね、長崎の出島を丘の上から見下ろすドードー、これは興奮です。内容は日本に輸入されていたドードーの足跡を辿り、ドードーについての基礎知識、ドードー研究の現在を読みやすく、トピックに分けてQEDに迫っていきます。迫るだけですが(笑)。正保4年のドードーと日本のドードー研究者、西洋史ヨーロッパにおけるドードー、モーリシャス。こういう系統の本は鳥類学者や自然科学系の研究者が著者であることが多く、そっち系の文章には慣れていない人も多いと思うが、本著はさすがの文学者によるものなので、非常に読みやすく、うまいことベイトをあちこちにちらせて、するすると引き込まれていきます。書店で、自然科学のコーナーに置いていたのだが、これは一般図書、ノンフィクションのところに並べておくほうが、売れるのでは?と思う。多くの人に読んでほしい1冊。


IMG_3005_201808241755006c4.jpg

人間が絶滅させた鳥たち、
ひどい言われようのドードー。
人間よ、反省するのだ、と、
標本が語りかけてくるようだ(主観)

歴史は盛って金をせびるネタに作り上げる、
もしくは歴史は捏造して足を引っ張り工作が国策。
某隣国々ではそういう認識みたいだが、
その国々では、
いまだに食って絶滅させようとしている生物も多々ある。
今のこの時代に、食って絶滅させるっって
ドードーの教訓はなんもワークしてないやん

なんちゅうかなぁ、、
心の底からナチュラルに嫌悪感が湧き上がって
どうにもこうにも、ならんのよ。

応援ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキング
スポンサーサイト



SHARE

コメント 4

There are no comments yet.
リク
2022/02/19 (Sat) 19:26

雪、そちらは週末もすごい予報みたいですね。
こちらは、夕方から雨になりました。
明日は雨予報です~。

え、日本にもドードーが輸入されてたんですか?!
あつ森を始めてから、すっかりなじみ深くなったドードーですが
絶滅してるんですよね(涙)。

某隣国々で、日本が傍若無人にふるまったことは事実ですけど
それをネタに、ずーーーーーーーーーーーーーーっと恨み言を言われると
何も前に進まない、むしろ関係が悪化の一途なのにな
と思うのです。
そして、大きい方の隣国は世界の基準は無視、自国の基準がすべて的な
考えが・・・どうにもねぇ・・・。

jube
jube
2022/02/19 (Sat) 20:34

リクさん

コメントありがとうございます
なんかまだまだ寒いですね、
予報が当たったり外れたりなのが
辛いところですわ。
降るなら降るでふってくれればともかく、、、
降ると言ってて降らないのも結構SAN値削られます。

上陸してたようです→ドードー
絶滅鳥類の中では、かなり有名ですよね
アリスの不思議なランドなどで出てくるので、
知らない人のほうが少ないかもです。
ドードーエアライン従業員もいい造形ですよね!
フィギュアが欲しいです。

ロンゲのオヤジ
2022/02/20 (Sun) 07:02

ドードーって何だか愛嬌ありますね

jube
jube
2022/02/20 (Sun) 08:20

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ドードーに限らず捕食者がいなくて、飛べなくなった鳥は
のんびりと危機感がない雰囲気でかわいらしいですよね。
それゆえに、人間と人間のもちこんだ外来種に負けたのですが、、

鳥/自然/科学