fc2ブログ

黒牢城


人気ブログランキング

今朝は良いお天気
もう、寝起きから目が痒いです。
昨日は近所で鳥見、、と思ったが、
空模様がやばやばだったので
本屋へ(笑)
なんと、金曜日発売の新刊が
土曜なのに入荷していました。
ちなみに普通のビッグタイトルでないやつは
金曜発売だと、月曜に遅れます。
で、一応なんで(土曜日に入荷の原因)?と尋ねたら、
どうやら、運送業者によって入荷日が違うらしい。
御用達運送業者は土日休みなのだが、
別の会社も出入りするようになったらしく、
その場合は土日でも動いているらしい。
なんじゃそりゃ、
ほな、初めから複数業者と契約して、
平日と土日配送を別業者にすればええんじゃ。
で、じわじわと攻めていく
さすれば、最終的には
他府県と同じく発売日に読めるんとちゃうんけ

ということで、月曜日までお預けと思ってた漫画3冊に
岩波の新刊、
参考書などをゲットして、
山のように唐揚げを買い、
帰宅するころにはかなり雨が降りだして、
昼過ぎにはかなりちゃんとした雨になりました。
てなわけで、漫画と小説むさぼるのにふさわしい日となりました。
海夢ちゃん最高です。




来てるでぇ、と連絡もらったので、
早めに作業をきりあげて、
観に行ってきました♪


IMG_6103.jpeg


うつくしいねぇ♪


図書館で借りてきました
第166回直木賞受賞作




米澤穂信『黒牢城』
羊たちの沈黙戦国有岡城バージョンとでもいいますか、こてこてのミステリ、サイコスリラー。黒田官兵衛が有岡城(伊丹)に幽閉された、あの時期が舞台。篭城中に色々な出来事がおこるんですが、その度に土牢に官兵衛を尋ねて、話をして事件解決のヒントをもらうという。官兵衛=ドクターレクター、信重がクラリス。ガチムチのクラリス、、萌えないでもない(笑)。特に、闇にすぅっと溶ける官兵衛が、もうハンニバルの絵面が思い浮かびすぎて、読みながら笑えてきた。最後はどうなるかわかってる歴史ではあるが、結構面白かった。
米澤本は氷菓やインシテミルなど読んだことがあったので、歴史物?と、ちょっと興味をひかれたのだが、おもいっきり現代的な感覚の探偵ものになっている。宗教ベースのストラグルなんかも入ってくるが、そこらへんもう少しつっこんでくれたほうが読み応えがあったかと思う(主観)。短編の重なりで、最後集約するタイプ。ビッグタイトルなので、どこのサイトでもあらすじが事細かにかかれてあるので、詳細割愛。
 まあ、軽くて読みやすかった。





鳥:ナベヅル
応援ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキング
スポンサーサイト



SHARE

コメント 2

There are no comments yet.
リク
2022/03/27 (Sun) 19:43

ガタの物流、何故なの…。

日本版羊たちの沈黙!ほほぅ、面白そうです~。
しかも現代じゃない!ほほぅ。
メモメモ。

jube
jube
2022/03/28 (Mon) 07:39

リクさん

コメントありがとうございます
まあ、物流だけではないんですが、
不必要なまでに忍耐力があるというか、
待てるというか、はっきりさせないというか、、
他国に食われるタイプではあるかと感じられて、
大変心配な感じです。

今年の直木賞受賞作、
私個人的には塞王のほうが好みだったんですが、
(塞王は明日アップ)
こちらも面白かったです。
まあ、誰が呼んでも面白いものでないと、
こんなに注目される賞にはならないですよね。
毎度、受賞作は図書館で借りてよんでいるので、
図書館のありがたみ半端ないです。
よっぽどでないと単行本の蔵書は増やしたくないですよね〜〜

文芸/その他本