fc2ブログ

ブラックボックス


人気ブログランキング

昨日の夜からめちゃ冷え込んで、
神経痛がめちゃ痛くなってたんですが、
まあ、冷えですわな。
冷えましたねぇ、、
今朝起きたらネガティブ2度でした。
冬場の普通温度ではあるんですが、
ここ最近、すっかりあったかくなってたから、
辛いわー。
昨日はぼちぼち
午前中は天気がわるかったんですが、
スズメ、カワラヒワ、メジロ
シジュウカラがぼちぼち
スズメがめっちゃ移動しとる感じ。
屋外作業で、ノコとかドリルとか
ぶんまわしまくって、
倒した木材運んで、
ええ感じで働いてきました。
帰り、QED新刊回収して帰ってきた〜
めちゃ楽しみ。
でも、図書館も寄ってきたから
先に図書館本を読まんとあかんねん。



IMG_5744.jpeg
Northern pintailXMallard

まざってます
かわぃぃねぇ〜〜


作業中にラヴをみつけました。

IMG_9755.jpg

デデン!

ハートの模様が可愛い
人気の昆虫



芥川賞受賞作
図書館でかりてきました。





砂川文次『ブラックボックス』
予備知識的に、なんかコロナで大変な世相を反映した社会派、というような煽りを、ちらぁっと見ただけだったので、なんとなく、コロナで大被害を被った業界の人のそこらへんの経済的健康的な困難を描いたものかねぇ、というような想像で読み始めた。全く違った。文章や語彙、文法がとても現代的なので、私のようなダイナソーにはちょっと読みづらかったのだが、総じてテンポがよいのでバランスよく読める。しかも、内容はかなり重く暗いのに、とても読みやすい。不思議な読み心地。この読みやすさは文章が平易であることもたしかにあるかもしれないが、主役の”サクマ"が、ある種異世界人ぽいというか、悩んでいるようで、なやんでないというか、他人事感があるというか、感情というか情動に障害があるような、脳味噌のどこかがノックアウトしてる感じ。芥川賞にありがちな、読了感がどうしようもない作品ではあるが、そんなに嫌な気分が後をひかない。
 ジョン・アーヴィングの『サイダーハウスルール』を思い出した。あの、ホーマーのように、まあ、とりあえず全てを先送りにして、なんとなく、どの場所でも適応している風に、適応していない、あのどうにも説明しがたい雰囲気。そして、たまに頭真っ白になって爆発する。


P120
”ここは全然ゴールでもなんでもないことをわかっていく。特に、こなれた振る舞いをする人間ー大体が累犯とか暴力団関係者とかその両方とかーを見るにつけ、なるほどここは最悪のゴールではなく、ある種の人間にとっては、例えば世間における社会人大学院とか海外転勤とか、要するに人生の一ステージに捉えられているということをまざまざと見せつけられた。”


目から鱗がおちた。


鳥;オナガガモXマガモのハイブリッド
昆虫;エサキモンキツノカメムシ
応援ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキング
スポンサーサイト



SHARE

コメント 6

There are no comments yet.
ロンゲのオヤジ
2022/03/23 (Wed) 08:33

今朝の京都も冷えました
ピンクの蕾が震えてます

ふくねえ
2022/03/23 (Wed) 15:31

暖か~い!気持ち良い~からの
この寒さ!
身体に堪えますね。

jube
jube
2022/03/23 (Wed) 17:38

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
日本中冷え冷えですね、、。
とはいえ、まだ3月なんですが(笑)
暖かすぎる日がある所為で、うっかり失念しがちです。

jube
jube
2022/03/23 (Wed) 17:39

ふくねえさん

コメントありがとうございます
そうなんです!!
あったかくならず、
普通の北国3月レベルの気温で、−2度とか普通なんですが、
20度近くまで上がってからの、叩き落とされ、、
これがこたえるんですよね〜〜

リク
2022/03/23 (Wed) 20:24

先週は、初夏の陽気ぐらいだったのに
まさかの雪でした…。
む、無理、こんな寒暖差。

最初、カメムシさんすら見つけられなかったけれど
見つけたら、本当にハートがあって感動~。

読了感がどうしようもない作品。
ああああ。

jube
jube
2022/03/24 (Thu) 07:34

リクさん

コメントありがとうございます
初夏の後の雪って嫌すぎですよねぇ。
前住地でたまに、5月のチューリップ咲いた後で、
大雪降ることがあって、、、あれはメンタル辛かったです。
油断しているからめちゃくちゃ心折れるんですよね、、。

このカメムシ、めちゃ可愛いですよね!!
ファンが多いらしいです。

芥川賞受賞作あるあるですよね(あはは)
→読了感がどうしようもない

文芸/その他本