fc2ブログ

卵と巣


人気ブログランキング


IMG_3070.jpg
Bald Eagle Nest
くっそでかいです。

追記
ギネス記録の世界最大サイズの巣は
largest bald eagle nest ever recorded
とか、
largest bald eagle nest guinness recorded
とかで画像検索すると出てきます。
コピペしてお使いくだされ



ちなみに卵は

IMG_8168.jpeg

これ
(本物ですが
 中身ぬいてある標本です)

暑なってきましたねぇ
水っけ接種するの
忘れないようにしたい。
昨日、いつものように鳥屋野潟を歩いて、
図書館に本返却貸し出し、
で、帰ろうとおもったら、
久しぶりにKさんと遭遇、
図書館の周りを一緒にあるいて楽しかった。
雛っこたちがうろちょろしてて
癒される。
ちょっと立ち止まったら、
蚊ぁに噛まれまして、
帰宅したら、太腿とかも
噛まれてました、、、ちっ
そこそこなズボン履いてたんだが、
蚊ぁもやりおる




参考書




内田博『日本産鳥類の卵と巣』
コンテンツの割に価格の安さ、ありがたいです。
今まで、巣については大阪市立自然史博物館叢書の小海途コレクション『日本鳥の巣図鑑』をもっぱら参考にしていた。小海途さんは日本一(多分)巣のコレクターで、つい最近大阪市立自然史博物館に寄贈されて、先日特別展覧会が開催されましたが、小海途コレクションは営巣が終わった後の巣を標本にされていて、その標本の撮影なので、使用感とライブ感はあまりない。比して本書『日本産鳥類の卵と巣』はライブの状態で、巣と卵の状態が記録されている。多くの研究者やシチズンサイエンティストの方々が写真回収した標本(写真標本)が非常にわかりやすくまとめられている。コラムの鳥の巣トピックスも興味深い。地方書籍によくみられがちな、余白が無駄に多いのも、存外メモや書き込みに使えて良いと感じた。
ただ、巣の写真には成鳥の写真も添えられているのだが、それらがほぼ雄成鳥ばかりなのが、少々アンフェアだなと思ってしまった。だいたい本書を使う人間は、鳥種名を聞いただけでオスもメスの頭にうかぶと思う、卵を生むのはメスなのでクレジットはメスにほしいところ(まあええけど)
ともかく、これからの研究者は今よりもっと素晴らしい、無人の撮影機材がでてくるだろうし、鳥にも負担のない撮影ができるようになるだろうから、こうした卵や巣、また営巣ビヘイビアなどの記録も録りやすくなるだろうと思う。
シチズンサイエンティスト達が参加して記録を残していく、というのは非常にすばらしいと思う。


コロナ直前ぐらいに発行していた本
まつやま書房さんという埼玉地元密着系なので、
県外のチャラ書店ではお目にかかりにくい書籍かもしれない。
うちの近所の大きめの書店では取り扱っていて、
値段も激安なのでなんとなく衝動買いしたが、
これは良い買い物したと思う。



鳥。ハクトウワシとその巣
応援ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキング
スポンサーサイト



SHARE

コメント 4

There are no comments yet.
ロンゲのオヤジ
2022/06/23 (Thu) 08:31

今年は、蚊が多い気がします
いっちゃんで食われまくりです

jube
jube
2022/06/23 (Thu) 17:44

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
いっちゃん、裏が川ですもんね、
これからこちらも蚊本番です〜

リク
2022/06/23 (Thu) 20:44

本当に大きい巣ですよね~。
人間の赤ちゃんも入りそう!?

蚊の季節がやってきましたね。
彼らもちょっとした隙を見つけて
血を吸ってきますもんね。
痒くなければ、まぁ血を分けてあげてもいいけど
痒くなるからイ~~ッ!!てなるんですよね。

jube
jube
2022/06/24 (Fri) 08:04

リクさん

コメントありがとうございます
なにをおっしゃいますやら、相撲取りでも入れます。
確か、ギネス世界記録の巣がフロリダにありましたが、
3mx2m、重さ2トンとかです。
白頭鷲は同じ巣を使う上に、随時増築していくので、
土台が許す限り巨大化していきます。

蚊、でてきましたねぇ、、
気温が上がったな、と実感します。
だぶだぶの服を着ていても、
ちょっとしゃがんだりして、パツーンとなった場所に
きっちり狙ってきやがります。
まあ、病原菌とか痒くなる成分とか媒介せずに、
たんに、血だけもってってくれれば問題ないんですが、、
まあ、血のような感染源を取り扱うのはリスクがありますよねぇ、
ほんと、自衛するしかないですわ。
って、対策しまくってても、結局噛まれて
イーってなります(苦笑)

鳥/自然/科学