fc2ブログ

こころはどうやって壊れるのか


人気ブログランキング



IMG_0068_20140113054843d4f.jpg



昨日はえらい土砂降りで
一昨日の陽気から一転、
寒い日になりました。
なんぎな、、







カール・ダイセロス
「こころ」はどうやって壊れるのか ~最新「光遺伝学」と人間の脳の物語
訳:大田直子

面白かった。現在ホットなダイゼロス博士のオプトジェネティクス(optogenetics)の本、と思ったらば、そうでもない、が、面白い(どやねん)。しかし、訳がしんどい。臨床例のところはまだ読めるとして、全体的に原文を想像してしまうという、ものすごくしんどい読書がオートパイロットで行われる(自分の問題だが)。定型句ぽい言い回しとか、そのまま直訳されても、、。ともかく、日本語向きではないので、それをここまで翻訳しているのはすごいことだと思う、が、めんどくさくとも、ダイゼロス博士の論文だけ別読みするのがよかろうとは思う。原題はProjectionsという、お洒落(でもないか)で、気の利いた感じ、脳味噌のエリアとか文学的なちゅうか、色々な意味を内包していて良いと思う。でまあ、オプトジェネティクスについては、私もなんや理解度が浅っさいが(笑)なんせ高額な費用のかかる実験というイメージ。バイオエンジニアリングで、光をつかって蛋白質(脳味噌やら神経細胞やら)を制御するちゅう話ですな。本文中に、マウス、ラット、魚で実験と書かれているが、このラットだけでも1体ウン万円っちゅう、もちろん1体で住む実験なんぞない。さすが世界トップレベルやねぇ。後書きに共同研究している日本人研究者が説明されているので、そっちを先に読むのもよかろうかと思う。症例は脳幹がん、大鬱病、躁病、双極性障害、自殺願望、自閉スペクトラム、境界性人格障害、総合失調症、不安障害、摂食障害、認知症。総合失調症の章では、映画”Beautiful mind"を思い出し、あの映画音楽が頭の中をぐるぐる回った。匂いや光もそうだが、音も記憶と連動して再生されるねぇ。未来には、脳味噌のピンポイントに光を当てれば、経験してもない匂いや音を脳内再生できるようになるんだろうか。トータルリコールとか、マトリックスとか、漫画”コブラ”の冒頭のあの脳に信号を与えて夢を見させるトリップ・ムービーみたいなのんとか、、。自分の本当の経験と、外入れの経験の区別は自分の脳につくんだろうか?
色々考えさせられる良著

PROJECTIONS
A STORY OF HUMAN EMOTIONS
BY Karl Deisseroth ©️2021







応援ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキング
スポンサーサイト



SHARE

コメント 6

There are no comments yet.
ロンゲのオヤジ
2023/03/03 (Fri) 08:08

ほんと温かったり寒かったり
体がついて行きません
今日はまた汗ばむ陽気になりそうです

jube
jube
2023/03/03 (Fri) 08:13

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
気温の変化がえぐいですよね
まったくついていっておりませんです。
こちらはまだ2、3日寒めですが
来週は全国的に暑めになりそうですね〜
怖いです〜〜

ふくねえ
2023/03/03 (Fri) 15:21

折角暖かくなったのに
昨日はまた寒かった~
服装選びが難しい!

jube
jube
2023/03/03 (Fri) 16:44

ふくねえさん

コメントありがとうございます
こちらも同じく、寒なりました〜
何着たらええんか、ほんまにわからん季節ですよね。
寒かったら風邪ひくし、暑かったら汗かいて風邪ひくし
でも、春なんで冬冬しい格好は嫌ですし〜〜
それでなくても、私なんぞは着るものがややこしいお年頃なのに、
さっぱり何着てええもんやら、
作業着ですかねぇ、やっぱり(あははは)

リク
2023/03/03 (Fri) 18:06

冬の寒さはもう結構~~。
暖かい日、早く~!

こころがどうやって壊れるか。
興味深いですよね。
環境なのか、遺伝なのか。
病気によっては、家系的に多い…っていうのもありますしね。
「どうやって」がわかれば、治療法や薬などもできる可能性も高いですし。
研究が進みますように。

jube
jube
2023/03/04 (Sat) 09:02

リクさん

コメントありがとうございます
ほんまになだらかに上昇してほしいものです→気温
心がどうやって壊れるのか、興味深い問題ですが
この本の題名としてはちょっと、、
と思わんでもないです。
本書に出てくる症例は”どうやって”壊れているかが
ある程度わかっている症例で、
オプトジェネティクスが人間に
実用されればなんとかなりそうな感じではあります。
そういう症例を選ピックアップしているんでしょう。
全て脳のトラブルであるのは前提として
その部位、遺伝子の組み合わせや、エラー、
外傷、疾患など症例によって多岐にわたるので、
現在では原因がわかっても治療が難しいというのもありますが
すべて脳の誤作動(誤作動というのも語弊ありますが)
オプトジェネティクスが実用化すると、、
というような話でもありますねぇ
とても興味深いです。

鳥/自然/科学