fc2ブログ

井戸から通う異世界バイト


人気ブログランキング



24922845327_dee9135274_o.jpg
Eurasian bullfinch



さて、
春のニッチなヲタツアー、
なんとなくイメージを掴んでもらえたかと思います。

あとは、寄り道を数回にまとめてしまいます。


さて、時間ができたので
紫式部とお墓が隣同士のお方
ゆかりの井戸へ



IMG_1036.jpeg

六道珍皇寺
小野篁の頃は東寺の末寺
ちなみに空海が亡くなったのが篁が33才ぐらい
なので時代は結構かぶっている。
1364年に真言宗から臨済宗に改宗している。

この犬さん、どないしても
私のカメラに写り込みたいと(笑)
飼い主さんの了承を得て、載せることに(笑)
この後、構われまくって、私大満足(笑)

ここらへんが六道の辻
平安の大火葬地、鳥辺野の入り口で
ここからさきは冥界である。
此岸と彼岸の境界線


IMG_1047.jpeg

この右端奥にあるのが
冥土通いの井戸



IMG_1046.jpeg

小野篁というと
ものすんごい働き者で
昼は朝廷に出勤し
夜は冥土の閻魔庁で閻魔様の秘書官
みたいなバイトをしていた(伝説)。
「江談抄」「今昔物語」「元亨釈書」などに出てくる。
まあ、冥土だったのか、
秘密結社とか、諜報系ビューロウとかかも
なんか、とりあえず忙しい人だったんだろう
もしかしたら、
現代にタイムスリップして
メイド喫茶を経営していたかもしれない。
それを馬鹿正直に説明したら、
周りの人が、勝手に冥土でなんか金稼いどる、
ってなことになったとか(ないない)

井戸は一方通行なので
冥土からこちらに帰るには

IMG_1056.jpeg

黄泉がえりの井戸を使う。

実は、普段は木戸があけられて公開されているのだが
この日は閉まってる日だった、、
で、
和尚さんが、
かまへんから
横の塀の上から覗き込んで!
って言われたんだが、
この覗き込む行為が、
我ながらめちゃくちゃ怪しい(笑)
ほんま、何さすねん!(笑)

ともかく、閉まってても
インターフォン押したら
家から出てきてくれます(在宅であれば)
すんごく愛想良く気持ちいい和尚さんです。

でまあ、六道の辻には


IMG_2744.jpg

幽霊子育飴のみなとや本舗とかもある
とっても、冥界に近い

450年以上の歴史飴屋さんで、この飴で育てられた子がゲゲゲの鬼太郎。そう、若き日の水木サンがこちらの飴を食べてゲゲゲの鬼太郎が誕生したのはあまりにも有名。
昔はいつ行っても、だれも客がおらんかったが、、
今は午前中で売り切れるらしい。ええことやけど。
飴ブームか?

この近くにきたら必ず飴買うべし!

でまあ、飴屋の向かいが

IMG_1028.jpeg

六波羅探題があったところですな。
そう六波羅蜜寺

なんと、
コロナの間に

IMG_1025.jpeg

素晴らしいセキュリティの宝物殿ができました
2022年5月にできたばっかりだそうだ。
安心感のある建物です。

私が小学生の頃は、
ちょっとびっくりするような展示の仕方
(展示とゆうたらあかんのだが)
その後、それなりのケースに入れられてたんだが、
まあ、雑な感じでした。
実はいつもちょっと心配してました(笑)

令和館、なんといっても
火災や水に強い、そして防犯。
これ、ものすごく大切ですね。
最近、仏様や仏具の盗難がひどいので、
宗教的な意味以上に、
文化芸術的な価値があるんで、
宗教的には残念かもしれませんが、
やっぱり人間の悪の部分を考慮しないと。
あと、天災と。


六波羅さまというと
平清盛公のことですが

清盛公のお墓←福原にあります。

そしてここにも

IMG_1024.jpeg

清盛公をお祀りする塚あります。

なんだかんだと、立地がいいので
毎回訪れて


IMG_1026.jpeg

毎回手拭いを買う
普段のスタメン手拭いなので
ちょうど、六波羅蜜寺にくるころに
ヨレヨレっとしてきて、
入れ替えがうまいこと行くような格好になってます(笑)
毎回、めちゃタイミングよくて
ちょっと怖いぐらいです。

重くとも 五つの罪は よもあらじ 
六波羅堂へ 参る身なれば





ウソ(P. p. rosacea)
応援ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキング
スポンサーサイト



SHARE

コメント 4

There are no comments yet.
ロンゲのオヤジ
2023/04/15 (Sat) 08:06

子供の頃、井戸って怖かったですよね
何かが出て来そうで・・・
幽霊子育飴、京都に居ながら未経験です (苦笑

jube
jube
2023/04/15 (Sat) 16:40

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
怖かったです!!
井戸がらみの怪談も多かったですし、
近づかないように、たっぷり怖い実話系「ほんとにあった話」な(ほんとかどうかはまあ、謎ですが)盛られた話をたっぷりきかされましたしね〜〜。
子育飴、飴的には普通の飴なので、
ヒストリーや物語を味わう飴ですね♪

リク
2023/04/15 (Sat) 17:31

わんちゃん、jubeさんから犬好きの波動を感じたのね。
大当たりよ、わんちゃん。
そして、ブログデビューおめでとう(笑)。

最近物騒な盗難事件多いですもんね。
セキュリティしっかりの建物に展示されたのなら
安心は増しますよね。

手ぬぐいの買い替えタイミング。
六波羅蜜寺の手ぬぐいの仏様がjubeさんを呼んでますね、これは。

jube
jube
2023/04/16 (Sun) 08:42

リクさん

コメントありがとうございます
犬好きの波動なのか、単に怪しさ爆発してたのか
ちょっとわからないですが、
まず飼い主さんとお話ししたので
警戒をといてくれたのかもしれません(笑)
そして、名前も年齢も聞いたのに、
忘れてしまってすみません(他にインパクトのすごすぎる散歩に出会い全て飛びました)

先日、びんずる尊者様がかどわかされる
大事件がありましたが、
実は最近、お寺さんから仏像仏具が盗まれる事件が増えています。
先日も、仏像などのセキュリティに関するマニュアルが送られてきて
日本も治安がわるくなったと感じますよね。
逆に宗教観がない日本人なだけに、
罰の概念もないのかもしれませんが、、
外国人窃盗団という噂もありますが、、
ともかく、先日、和歌山では世界遺産に車突っ込む事故もあったりとか
色々と情けないことがおおすぎですねぇ。

六波羅手拭いのタイミング、
すごいですよねぇ(我ながら驚き)
ちなみに、前住地時代も、
なぜかヘタってきたら、もらったりして
(事情を知らない人がなんとなくお土産に選んだもの)
そういう積み重ねが、続いております。
やっぱり清盛入道に目をかけてもらっているのかも(ないない)
もしくは空也様に(ないない)
そうだとしたらめちゃ嬉しいですね〜

近畿