fc2ブログ

山形領に立石寺といふ山寺あり。


人気ブログランキング





IMG_2001.jpeg
Blue-and-white flycatcher

なんか今年は多い
しかし、メスが少ない。
それと、昨日は
私のパッチでメジロがフレッジしました!
どんどんぱふぱふ〜〜〜
繁殖グループの一番槍記録となりました。
アクティブメジロ巣はあと3巣
みんながんばれ〜〜




さて、山形にもどりましょう
なかなか実現できなかったツアーが実現

こちら、


IMG_1334.jpeg


山形領に立石寺といふ山寺あり。
慈覚大師の開基にして、ことに清閑の地なり。
一見すべきよし、人々の勧むるによりて、尾花沢よりとつて返し、その間七里ばかりなり。


IMG_1335.jpeg

宝珠山阿所川院立石寺(天台宗)
御本尊は薬師如来、
開山は慈覚大師(一説には”伝”ではある)
慈覚大師といえば三代目座主で
前にもちらと書いたことがあるが補足
最後の遣唐使で、唐に留学(短期留学生)だが
短期の上に言語力が足りず、天台山へはいけず、
色々と政治的というな国際問題なんかもあって
苦労した僧。
唐ではかなり怪しかったみたいだ(個人的感想)
ただ、仏教的知識や日本の仏教状況や経典などの
理解が深かったようで、
空海、最澄の時代に未輸入だった経典や
当時最新の新訳経典などを収集し、
日本密教の発展に寄与した。
慈覚大師の『入唐求法巡礼行記』は
836年博多津出港から847年の帰国までを
日記式に書かれた、日本最初の本格的旅行記で
旅行記を嗜む人間にとっては
非常にアツい書

そして、清和天皇の勅命を受けて
860年にこちらの立石寺を建立された。

慈覚大師の開山は
808年 泰叡山瀧泉寺(目黒不動)
826年 大臼山有珠善光寺
828年 松島青龍山瑞巌寺
850年 関山中尊寺
    医王山毛越寺
857年 金龍山浅草寺(628年に原始的な寺として開く)

東日本に強い感がある。
特に東北で根強い人気で現在も
立石寺、中尊寺、毛越寺、瑞巌寺の
四寺巡廊コースが有名

ともかく、山寺よ

元禄二年(1689)
松尾芭蕉と河合曾良が立石寺に参拝した。
そう、この場所に芭蕉翁がっ!!

この石段をのぼるとすぐに


IMG_1336.jpeg

根本中堂/本堂
現根本中堂は1356年(延文1)
初代山形城主斯波兼頼が
山形城の鬼門の守護として、再建
(鎌倉時代に北条時頼によって禅宗に改宗されていた)
入母屋造五間四面
ブナ材が全体の6割程用いられていて、
ブナ材の建築物では日本最古なんだそうだ。

堂内にはご本尊:木造薬師如来坐像(伝:慈覚大師作)
脇侍は日光・月光両菩薩と十二支天、
その左右に文殊菩薩と毘沙門天

てな感じで、天台宗のお山ではあるのだが
もともと地元の祈りの場所であったようで、
死後に魂の帰るべき山として民間信仰、先祖供養の山として
信仰されているという歴史があるらしい。
この地方では死者供養に歯骨を納めて卒塔婆を立てるそうで
今でもたくさんの卒塔婆や後生車や碑をみることができる。


そして、この日
宝物殿は閉館中(くっ、、、)



さぁてと、、
ここからが本題です。

そう、石段

1015段

IMG_1343.jpeg

”山寺の石段
昔から石段を一だん二だんと登ることにより
私たちの煩悩が消滅すると
信仰されている修行の霊山です。”


まあ、金比羅山(1368段)よりは段数も
気候もましであろうとは思ったが
”登山”と言われるぐらいなので
かなり覚悟はして登る



IMG_1348.jpeg

石段の幅がいい感じで
広すぎず狭すぎず
高すぎず低すぎないので
160〜175ぐらいの身長の人間には
リズムをつくりやすくて登りやすいかと思う。

が、やはりシンドイ(笑)
淡々と登っていると、
煩悩もクソもあらへん、
なんかゾーンにはいるやつやと思うわ。
途中で、あと五百段とか出てくるので
序盤は結構うへぇってなる(笑)


IMG_1341.jpeg

芭蕉と曾良の像
さ、、三里に灸をすえたいっ
今ここでっ(笑)




IMG_1355.jpeg



日いまだ暮れず。
ふもとの坊に宿借りおきて、山上の堂に登る。
岩に巌を重ねて山とし、松柏年旧り、土石老いて苔滑らかに、岩上の院々扉を閉ぢて物の音聞こえず。
岸を巡り、岩をはひて、仏閣を拝し、佳景寂寞として心澄みゆくのみ覚ゆ。
閑かさや岩にしみ入る蝉の声


この岩壁のすぐ下に石の塚があり
そこに
芭蕉翁の句をしたためた短冊を埋めてあるそうだ。
せみ塚と呼ばれている。


残念ながら、セミが鳴くのは
まだ先

岩にはウグイスの囀りがしみ入っていた

ちゅうて、、

まだまだ登らんとあかんのんよ


IMG_1338.jpeg

清和天皇の御宝塔と芭蕉句碑が見える
山寺を勅願寺とした清和天皇の供養塔で、
宝珠山立石寺で最も古い石塔。

隣の芭蕉句碑は1852年に門人たちが建立した。


さて、石段もあとすこし




オオルリ
応援ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキング
スポンサーサイト



コメント 6

There are no comments yet.
ロンゲのオヤジ
2023/05/12 (Fri) 07:38

1015段はキツイですね
あとすこし、ガンバレ~~

jube
jube
2023/05/12 (Fri) 07:44

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
かなりキツかったです〜
普段の運動不足が祟りました(笑)

ふくねえ
2023/05/12 (Fri) 15:42

わ~!しんどそ~(汗)
金毘羅さん行った時も結局上までは行かず
785段の本宮までで止めました。
今思えば頑張って上がれば良かった。
あと五百段もキツイですね。

リク
2023/05/12 (Fri) 19:03

祝!メジロメイビー誕生!

836年当時の旅行記。
当時の旅行、しかも海外旅行は本当に本当にすごいことだったでしょうし
飛行機のない時代、船で日本海を渡って…と考えるとひょえ~ってなりますよね。

1015段の階段!
段数を見ると登るのをためらいますね…。
金毘羅山、最後まで登ったことあるんですけど、膝が死ぬかと思いました(笑)。
芭蕉の像があるから、ゴールか?!と思いきや違うんですね。ひぃぃ。

jube
jube
2023/05/12 (Fri) 20:08

ふくねえさん

コメントありがとうございます
しんどかったです。
普段の運動不足が身に染みました。
金比羅山は階段の幅とかが辛いんですわ。
さすがにつらさレベルが違うと感じます。
次はふくたくんに代理でお参りしてもらうとか(あはは)
残りがわかるのが、いいのかわるいのか、、
微妙なところです。

jube
jube
2023/05/12 (Fri) 20:17

リクさん

コメントありがとうございます
渡りも終盤で、
地元の繁殖個体が増えてきました。
調査に気を遣う時期ですね〜〜

800年代、彼も何度か失敗して、
えらい目にあってはります。
それはそれは、苦労のレベルが違いますよね。
とても面白い旅行記です。

1015段とはいえ、
リズムのとっても良い階段で
しかも山の中で涼しかったので
まあ、終わってみればよかったな、、と
真夏のセミの時期に来たかったのですが(笑)
夏は地獄だと思います。
冬も地獄確定です。
金比羅山はしんどいですよねぇ、、
しかも私は夏に登ったので、えぐかったです。
今回、街用のお洒落な杖ではなく
ガチのサスペンションつきの杖装備していたので、
とっても助けになりました。
やっぱりマイ杖ですわ。

東北