fc2ブログ

生きものは不思議


人気ブログランキング




IMG_8554_20150522113901ab6.jpg
House sparrow

水あび最高




昨日は雲も出て
かなり涼しく感じた。
雨は降らず。
33℃で涼しいと思える自分に驚く。
アジャスト能力てすごいねぇ。
まあ、毎日38〜9℃のところで
地味な作業してたんで、
体が出来上がってるんやろねぇ。
天気予報を見ても、
向こう10日間は引き続き
軒並み33〜37℃最高気温ぐらいなんで
いろんなもんの高温対策を本気で考えないとあかんな、
と、思う今日この頃。
とはいえ、、

夜中の墓参りはどうかと思ってしまうのだった、、

昨日からとうとう出現、夜中の墓参り
夜中の肝試しより腹が立つのは何故
それと、
早朝に起こされるのと、
寝入りばなに起こされるの、
どっちがムカつくか、、
というようなことを考えたのだった。







池田譲 遠藤寿 岡西政典 川上和人 川瀬裕司 幸田正典 竹内剛 田島木綿子 千葉聡 服部裕子 三上修 村山司 山本真也 ロバート・ジェンキンズ 渡辺佑基
河出書房新社編

『生きものは不思議』

図書館で目についたので何気に借りてみた。
面白かったが、学童向けであった。うっすい。
読んだ後、貼っつけリンクを取得しようとすると

”最前線に立つ研究者15人の白熱!講義 生きものは不思議 (14歳の世渡り術)”

なんか、”14歳の世渡り術”て、
世渡りてなんぞや、とふと思った。
その筋の有名研究者が揃っていて、とてもゴージャスなラインナップ。私もよく論文や書籍で読んでいる著者ばかり。低年齢層向けまとめ方の参考になった。

14歳と書かれているとはいえ、読書慣れした人なら、小学低学年から余裕で読めるレベルだと思う。フォントサイズも大きいので、自然科学の本を読んでみたいという、遥かに高い年齢層にも良し。そして、普段この分野の文献を読んでいる人は、子供向けの発表をするときの参考になる。
研究者の研究活動や生活、研究を始めたきっかけや、さっくりとした過程などもちらほら書かれていて、研究者を目指す学童が将来の方向性を考える足しになったり、全く考えたこともなかった学童が考える契機にしようというような、ある意味勧誘系書籍か。

川瀬裕司 (魚類生態学)
アマミホシゾラフグのミステリーサークルディスプレイ
ロバート・ジェンキンズ(古生物学/地球生物学)
海棲大型脊椎動物の遺骸を利用する生物
川上和人(鳥類学)
西之島 鳥類から始まる生態系
渡辺佑基(海洋生物学)
バイオロギングデータ、ヒラシュモクザメ・バイカルアザラシ
池田 譲(頭足類)
イカとタコ
遠藤 寿(環境科学・生物海洋学)
植物プランクトン、珪藻とハプト藻
服部裕子(比較認知科学)
チンパンジーを対象に音楽の起源を探る
幸田正典(生態学)
魚類頭足類甲殻類の鏡像自己認知研究
竹内 剛(昆虫行動生態学保全生物学)
ゼフィルス、キアゲハ。チョウの汎求愛説
千葉 聡(進化生物学)
カタツムリ・マイマイカブリ
岡西政典(分類学者)
クモヒトデ
田島木綿子(海獣学)
ストランディング、海洋プラスチック汚染
村山 司(海獣学)
イルカの知性
三上 修(鳥類学)
スズメの生態
山本真也(人類進化論研究)
ニホンザル・チンパンジー・ボノボ・ウマ







イエスズメ
応援ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキング
スポンサーサイト



コメント 2

There are no comments yet.
ロンゲのオヤジ
2023/08/14 (Mon) 10:12

毎日35℃以上が続いても
この暑さには慣れないですね
早く涼しくなって欲しい~

jube
jube
2023/08/14 (Mon) 17:25

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
来週のシーズンインに向けて、
ガツガツ体を慣らしております!
慣れないですが、無理に慣らしておりますです(あははは)
こちらは、フェーン現象でもないかぎり、
普通の夏の暑さなら夜はそれなりに気温が下がりますから〜
関西よりも夏はすごしやすいと思いますわ。

鳥/自然/科学